« MT-09 Tracerで行く伊豆ツーリング with boonrichさん | トップページ | MotoGP ダッジTTGP 感動のフィナーレ!! »

2015年5月 9日 (土)

MT-09 TRACER初回(1,000km)点検&カスタマイズ状況

本日、MT-09 TRACERの初回(1,000km)点検を受けてきました。

 20150509_105916
 
私はレッドバロンで購入しているため、オイルはリザーブシステムを利用しています。
なので、オイルのための支払いは0円。 

 20150509_105923

今回は初回(1,000km)点検で無料でしたので、かかった費用はオイルフィルター代と交換工賃の約2,000円のみでした。

 20150509_105934

1,000km点検と言いつつ、既にオドメーターは1,537kmでした(^^;)。

点検後、近くをほんの20~30km流しましたが、初めてエンジンを思いっ切り回してみました!

す、すごい・・・。

これで850ccか!?

これが正直な感想。

特に威勢のイイ「Aモード」にして信号発信した時は、本当にフロントタイヤの荷重が抜け気味になります。

決してジャジャ馬ではありませんが、高回転までエンジンを回した時のTRACERはかなり刺激的&暴れん坊(笑)です。

感覚的には前々車のDucati Multistrada1200Sに似てるかな~??

今日はガソリンがほぼ空だったので、車重は200kgを割っていたと思いますが、とにかく軽くてパワフル。その割にハンドリングやサスペンションはしっとりしていて、「これぞ理想のバイク!」という感じでした。

まだまだカスタマイズ途中ですが、備忘録も兼ねて現状のカスタマイズ点を挙げておきます。

①ソフトサイドバック

 20150329_02

トップケースのキャリアが届いていないため、暫定的にデグナーのソフトサイドバックを装着。その際、タンデムグリップが干渉するため外していますが、トップケースを装着する時に戻す予定です。

ちなみに、このデグナー製のバック、CB1300SB時代に購入してお蔵入りしていたものなのですが、結構使いやすいです(^^)。

②RAMマウント

 20150425_153537

ハンドル周りにナビやスマホ、カメラ等をスマートに取り付けるため、RAMマウント製のボールベースを装着しました。

ハンドルクランプのネジを利用するタイプで、すっきり装着できていると思います。

 20150425_153609

実際にはこんな感じでアームパーツを付け、さらにマウントパーツを取り付けます。

写真には写っていませんが、右ミラーにも、もう1つボールベースを装着しています。

③ロングスクリーン

 20150429_085054

MT-09 TRACERには、元々大き目のスクリーンが付いていますが、先日の伊豆ツーリングで、高速を走行していると風がメットに当たるのが妙に気になったので、さらに大きい社外品に交換しました。

 20150425_160503

モノは、Powerbronze製のフリップスクリーン(セミスモーク)で、通常は輸入取り寄せのため2ヶ月くらいかかるのですが、たまたま国内の代理店に在庫があったため、3日程度で入手できました。

 20150425_161019

スクリーン単体ではこんな感じです。色が付いているのが分かりますね。

 20150429_085149

真横から見るとこんな感じです。

 Feature02_002

若干角度が違うのですが、YAMAHA公式サイトの写真と比べると、今回導入したスクリーンの大きさが分かると思います。

実際に走ってみると、純正よりはメットに当たる風は少ないと思います。ただ、純正比でかなり大きいのでもっと効果があると思ったのですが、さほどではありませんでした・・・。

④ウインカーリレー

 20150425_153212

純正のウインカーリレーはLED非対応のため、DAYTONA製のリレーに交換しました。

 20150425_153829

モノはこれです。コネクター形状が純正と同一のため、本当にポン付けできます。

 20150425_153152

ただ、純正はリレー本体にコネクターが付いているのに対し、DAYTONA製は接続ケーブルを介するため、多少ですがケーブルが長くて取り回ししずらいのが難点です。

 20150425_153429

これが取り外した純正のウインカーリレーです。コネクターが本体に付いているのが分かると思います。

⑤ウインカーLED化

 20150429_092619

ウインカーリレーだけ交換しても仕方ないので、ウインカーをLED化しました。

ワイズギアから純正のLEDウインカーキットも発売されているのですが、高い!(>_<)

Q5kysk081x01

2個で8,000円もするので、前後交換すると…。

それに、MT-09やMT-09 TRACER乗りの人の多くがこれに交換しているので面白くない(笑)。

という事で、私は純正ウインカーの「球」のみをLED化しました。

 20150425_153057

これが前。

 20150425_153138

そして、これが後ろ。

今日のブログの4枚目の写真(ソフトサイドバックのやつ)は交換前なので、見た目の違いが良く分かると思います。

明るさは、今日の初回点検で特に指摘を受けなかった(明るいですねと言われた)ので、実際に車検を通るかどうかは別として、視認性・安全性の観点からは問題ないと思います。

費用としては前後4球で約6,500円でした。安いでしょう~(^^)。

今後のカスタマイズ

MT-09 TRACERは最初から欲しい装備が殆ど付いていたので、今後カスタマイズを予定している箇所はそんなに多くありません。

⑥トップケース用リアラック(GIVI SR2122 + M7)

 P1050611

これは既に手配済みで、5月中旬頃に到着予定です。(写真はM5プレートだと思います。)

これが届けば、Versys1000時代に使っていたGIVI製のモノキーケース(TRK52)が使用可能になります。

⑦ラバー付ステップ

 Step_2

これは、EU YAMAHA純正のMT-09 Street Rally用のSRステップという部品です。

MT-09用なので当然ポン付けが可能。これも手配済みです。

⑧純正グリップヒーター

  Imgrc0067524675_2

MT-09 TRACERの純正グリップヒーターは専用品で、これを装着するとハンドルスイッチで操作ができ、ディスプレイ上で設定等も可能となるスグレモノなのですが、ず~っとメーカー欠品中。。。とりあえず発注して気長に待つしかなさそうです。

この時期に発注すれば、まぁ寒くなるくらいには入手できるでしょう(笑)。

⑨ハンドルバー

 217844641

これは、IMPACT ファットバーという製品なのですが、とにかく安い。約2,500円しかしませんが、MT-09 TRACERに装着した方のインプレもあるので、ゆくゆく装着したいと思っています。

ちょっとハンドルが遠目なんですよね。もう少し手前に絞られていると良いと思っているので、このハンドルが良さそうではないかと。

現状ではこんな感じです。

どれもそんなに手間のかかるカスタマイズではないので、暇を見つけてボチボチやっていこうと思ってます。

それより、これからはベストシーズンなので、いっぱい走ります!!(^o^)/

|

« MT-09 Tracerで行く伊豆ツーリング with boonrichさん | トップページ | MotoGP ダッジTTGP 感動のフィナーレ!! »

バイク・クルマ」カテゴリの記事

コメント

着々と、カスタムが進んでますね!!

私の方は、サイドケースとトップケースを注文してあるのですが、
納期が5月末位だそうです(泣 なので、一時的にセローで使っている
サイドバックを使っています。

早く拝見したいものです。

投稿: ゴリ夫 | 2015年5月 9日 (土) 20時38分

私はIMPACTのファットバーを買って取り付けようと思いましたが
グリップの部分の長さが足りなく
ブレーキマスターが完全に留められないので諦めました。
それとバーの内径は13ミリなので
14ミリのドリルと16ミリのタップが無いと
純正のガードは付けられません。
参考までに。

投稿: | 2015年5月19日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79269/61564314

この記事へのトラックバック一覧です: MT-09 TRACER初回(1,000km)点検&カスタマイズ状況:

« MT-09 Tracerで行く伊豆ツーリング with boonrichさん | トップページ | MotoGP ダッジTTGP 感動のフィナーレ!! »