« ひめさゆりミーティングに行きましたが… | トップページ | まさに徒然なるままの記事(笑) 明日は茨城ツーかぁ!? »

2013年6月24日 (月)

SR10顛末記 便利かもよ~!(笑)

皆さん、こんばんわ~( ^ω^ )

先週末はお天気もまずまずで~ヽ(´▽`)/

きっと楽しいバイクライフをお過ごしになったでいらっしゃいますでしょう((≧ヘ≦)

かく言う私は~(◎´∀`)ノ

 

背中&腰の痛みが取れず~゚゚(´O`)°゚

 

大人しくしてございました!(#`Д´)

 

以上!!( ゚皿゚)キーッ!!

 

そうじゃなくて~・・・

 

もぅ、子供じゃないんだから~・・・   日本語も変だし・・・

 

先日、こんな記事をアップしやした。

 

「物欲は~~つづくよ~~(笑)無線機ゲット~!」

 

この記事の中で注文しましたと書いたケーブルが届いたので、

 

早速  実験しました!(*`ε´*)ノ

届いたケーブルはこちら(^^)。

 20130623_183827_3
 SENA SC-A0110

このケーブルは、「双方向無線機用Bluetoothアダプタ」である「SENA SR10」と特定小電力トランシーバーのような無線機を接続するためのもので、無線機のメーカーごとに数種類が用意されています。

私が先日入手した特定小電力トランシーバー(TOTAL WIN 20 T-707)は、ヘッドセット端子がKENWOOD製の無線機と互換性有りとの情報をネット上で数件確認していましたので、今回はKENNWOOD用を購入しました。

写真がボケボケですが(^^;)、これがSR10専用ケーブルの端子のアップ。

 20130623_183915_5

これを、T-707付属のイヤフォンマイクと比べてみました。

 20130623_184235_4

左側がT-707付属のイヤフォンマイクの端子。右側がSR10専用ケーブルの端子です。

うん、確かにプラグの大きさやピッチは同一のようです。

しかし、よ~く見るとT-707付属のイヤフォンマイクの2.5インチプラグの接点数が1つ多いように見えます。

もっとアップで見ると…

 20130623_184412

ほ~ら、左側のT-707付属品の細いプラグに黒い線が1本多いでしょ。

でも、接点数が多い分には大丈夫だろう!という安直な考えにより実際に接続テストをしてみる事にしました!( ^ω^ )

 20130623_184622

これが、先日ゲットした特定小電力トランシーバー、TOTAL WIN 20 T-707です。

思ったより安っぽさはありませんが、全体的には値段相応な感じです。

 20130623_184632

ヘッドセット端子は本体上面にあります。

 20130623_184654

保護用のキャップを外して…

 20130623_184732

SR10専用ケーブル(SC-A0110)を刺します!

 20130623_184821

カチッ!と刺さりました。

 20130623_185132

こんな感じで接続完了。

上の写真は、既にT-707もSR10も電源が入り、SR10とBluetoothインカム(SENA SMH10)との接続も完了している状態です。そして、もう1台のT-707も受信用に電源を入れてあります。

この状態で、まずT-707本体左側にある、PTTボタンを押してみます。

ポチっとな(笑)。

 20130623_185207

すると、T-707の液晶の青色LEDが点灯し、画面に発信中のサインが表示されます。(さすがに画面は見えないですね・・・^^;)。

そして、この時にBluetoothインカム(SENA SMH10)から、もう1台のT-707と会話可能である事を確認しました。

ただ。発信するたびにT-707本体のPTTボタンを押すのは面倒ですし、たとえ本体のPTTボタンを押しても実際に何か話し始めるまでSR10は待機状態のままなので、殆どのケースで会話の最初の部分が切れてしまうと思われます。

そこで、SR10本体の真ん中にある丸いボタンを押しながら話をするようにします。実はこの丸いボタンはPTTボタンなんです。

このSR10本体のPTTボタンを押せば、T-707本体のPTTボタンを押した場合と同じ動作となり、加えてSR10は強制的に発信モードになります。つまり、SR10本体のPTTボタンを押して話をすれば、会話の最初も途切れず、操作も簡単になるという訳です。

 

という事で、SR10本体のPTTボタンを・・

 

ポチっとな  (しつこい( ̄Д ̄;;)

 20130623_185245

あれっ!?!!

 

SR10本体のPTTボタンを押しても、T-707は全く反応しません。

ケーブルの接続不良かと思い、何度か接続し直しましたが結果は同じです。

もう1台のT-707でも試しましたが結果は同じ…。

 

こ、これはケーブルの初期不良かぁ~!!(`ε´)

 

と、最初はケーブルの不良を疑いましたが、試しにケーブルを半刺しにしてSR10本体のPTTボタンを押してみると…

何と発信できました!!でも、今度は声がBluetoothインカムから聞こえませんし、Bluetoothインカムのマイクも動作してません。

 

実験結果発表!!

SENA SR10とTOTAL WIN 20 T-707は接続不可!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

何と衝撃的な幕切れなのでしょう・・・。

 

でも、原因はいたって単純・・・。

 

私がネットで調べたT-707に関するヘッドセット等の接続情報では、全てKENWOOD純正の製品やケーブルを使っていました。

 

でも、今回使用したSR10のケーブルは「KENWOOD用」ですがSENA製でKENWOOD純正ではありません。

 

また、T-707もKENWOOD互換と言われていますが、前述のとおり実際のヘッドセット端子は微妙に違っています。

 

つまり、T-707とKENWOOD純正ケーブルの組み合わせ、又はKENWOOD製無線機とSENA製KENWOOD用ケーブルの組み合わせなら問題ありませんが、T-707とSENA製KENWOOD用ケーブルの組み合わせだと接点の位置がハード的な許容範囲を超えてしまい、SR10のPTTボタンを押したという信号がT-707に伝わらないという事です。

 

その証拠に、ケーブルを半刺しにするとPTTボタンの信号は伝わるようになりますが、今度は音声が伝わらなくなります。(PTTボタンの信号と音声信号の伝達には、共に3.5インチプラグを使用しているようです。)  スッキリ解決!

 

接点の位置がハード的に適合しない以上、これは修正のしようがありません。

 

SENAがT-707用のケーブルをリリースしてくれればOKですが、その可能性は限りなくゼロでしょうし、とにかく現状ではSR10とT-707の接続はできないのは確かです。

 

ということで・・・

 

実験終了!!┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 

お疲れっ  した!!!(≧ヘ≦)

 

でも…

 

これじゃぁSR10を買った意味がねぇ~!( ̄Д ̄;;

 

T-707を使うにはヘッドセットを別に買わなきゃなんねぇ!!(。>0<。)

 

T-707用にヘッドセット買ったらBluetoothインカムが使えねぇ!!!(# ゚Д゚) ムッカー

 

どうすべ~!!!!ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

 

んっ?!・・・(´-д-`)

 

もしかして!?

 

もしかしたら・・・

 

だったら、KENWOOD製のトランシーバー買えばいいんじゃね?!

 

という事で・・・

 

ジャ~ン!!

 20130623_185506
 KENWOOD UBZ-LM20

KENWOOD製特定小電力トランシーバー、UBZ-LM20イエロー購入!!ψ(`∇´)ψ

 

オラオラ、文句あっか!バーロー!!(#`皿´)

 

おっと、私とした事が…(笑)。

しかし、今日のブログ、私のブログっぽく無いっすね・・・(^^;)。

 

では、気を取り直して・・・

 

改めて実験開始!!(≧m≦)

 20130623_185608

これがKENWOOD製の特定小電力トランシーバー、UBZ-LM20です。

 

なんか・・・

 

T-707のほうが質感高くね!?

 

イエローだからでしょうか・・・

 

でも、うちのクルマの色、イエローだし・・・(← 全然関係ない)

 

まぁ、そんな事はどうでもよくて・・・( ̄◆ ̄;)

 20130623_185638

UBZ-LM20のヘッドセット端子って本体横なんですね~。

 

これもT-707のように上面のほうが幅をとらなくて良いかも・・・。

で、ここにSR10の専用ケーブルを刺します。

「プスッ!」と

 20130623_185730

奥まで差し込んで・・・

 20130623_185742

装着完了!!ヽ(´▽`)/

 

で、早速発信テストを。

 20130623_185835

まず、UBZ-LM20本体のPTTボタンを押してみます。

うん、問題無く発信されて液晶画面にも発信中のサインが。もちろん、Bluetoothインカムで受信側の無線機(T-707)と会話もOKです。

 

さぁ~て、いよいよ問題のSR10本体のPTTボタンを使ってみます!

 

「ポチっとな!」

 20130623_185906

おぉっ~!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

 

UBZ-LM10本体のPTTボタンを押した時と同じように発信できます!!ヽ(*≧ε≦*)φ

 

そして、

 

会話も最初が途切れずにできます!!(v^ー゜)ヤッタネ!!

 

って、

 

考えてみれば動いて当たり前じゃん・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

KENNWOOD製無線機に、KENWOOD用のケーブル使ってるんだもん・・・(爆)。

 

でも、T-707で苦労したので喜びもひとしおです(^^)。

 

そんな訳で・・・

 20130623_190332

特定小電力トランシーバーを3台買ったというお話でした(笑)。

 

おしまい!! _ノフ○ グッタリ

 

ところで~  (終わりじゃないんかい!(;;;´Д`)ゝ)

 

このSENA SR10は「双方向無線機用Bluetoothアダプタ」という汎用機器なので、別に通信するBluetoothインカムはSENA製品でなくてもOKです。

 

私はサインハウスのB+COM SB213.EVOも持っていますので、試しにSENA SR10とサインハウス B+COM SB213.EVOを接続してみました。

 

結果は・・・

全く問題ありませんでした(*^ω^*)ノ彡

 

ただし!

 

さすがにSENA製のBluetoothインカム(SMH10)とB+COM SB213.EVOが全く同一の動作という訳ではありません。

 

例えば、Bluetoothインカムで音楽を聴いている(A2DPプロファイル接続)最中に無線を受信するSR10が割り込んできて会話ができるのはSMH10もB+COMも同じですが、

 

SMH10では会話中は音楽が一時停止状態になるのに、B+COMの場合は再生され続けます。

 

よって、会話が終了して音楽再生に戻った時、SMH10では元の場所から再生が続きますがB+COMでは違う曲になっている場合があるという事です。

 

それから

 

これはB+COMの仕様ですが、SR10からの割り込みが終了して接続が切断された時に「ピーッ!」とビープ音が鳴ります。

 

トランシーバーで話をする場合は接続・切断が頻繁に発生しますので、切断される時にいちいちビープ音が鳴るのは結構わずらわしいかも。。。

 

でも、実用上はB+COMでも問題なくSR10の機能は使える事が分かりました。

 

さぁ、皆さんもSR10と特定小電力トランシーバを買ってツーリングへ行きましょう!!ヽ(*≧ε≦*)φ

 

言っておきますが・・・

 

私はSENAの宣伝をしている訳ではありません!( ̄○ ̄;)!

|

« ひめさゆりミーティングに行きましたが… | トップページ | まさに徒然なるままの記事(笑) 明日は茨城ツーかぁ!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お~、私の代わりにテストしていただきありがとうございます。 (笑

わらいぶくろさんと、同じセットを私も買いました!!
SR10と接続ケーブルは、今月末か来月頭の納期ですが…

届いたら早速ツーリングでテストしましょう!!

投稿: ゴリ夫 | 2013年6月24日 (月) 21時18分

こんばんは。
色々と相性があるんですね。
難しいです。
とりあえず私はヘッドセットの方向で考えてみます。

投稿: utunosamu | 2013年6月24日 (月) 21時29分

ふ~~~~~~


疲れた!

読むだけで一苦労でしたが、書いた方はもっとご苦労様でした!!

良いレポ、ありがとうございます!

次期SENAを購入予定なので、参考にさせていただきます。
ほんと、B+COM213evoの方は、イマイチでして、早く買い換えたいと思っています。

これからも、
お出かけされないときの長文レポ、楽しみにしています!

3週間エンジンかけていない山雄より

投稿: 海田山雄 | 2013年6月24日 (月) 23時09分

ゴリ夫さん、こんにちは。

ゴリ夫さんもUBZ-LM20買われたんですよね~。ブログ拝見してます(^^)。
これでB+COMだろうがSENAだろうが、どこのメーカーのインカムとも
通信OKになりますね!

ただ、私の記事に書いたようにB+COMの場合ビープ音が多少耳障りかも
知れませんね~。あれって設定で鳴らないようにできましたっけ??

いずれにしても、早々にツーリングの計画を・・・。7月頭ですかね。

おっと。その前に私は腰痛を治さないと・・・( ̄○ ̄;)!

投稿: わらいぶくろ | 2013年6月25日 (火) 09時32分

utunosamuさん、こんにちは。
北海道お疲れさまでした(^^)。存分に楽しめたようで良かったです!

そうなんですよ~。まさかT-707が動作しないとは夢にも思いません
でした・・・(;´д`)トホホ…

でも、KENWOOD製のヘッドセットならT-707で動くようですので、
そちらでお考え頂ければ大丈夫だと思いますが・・・。

来月は久しぶりにkoaraさんのメーリングリストでツーリングを
企画したいと思ってます(^^)。

投稿: わらいぶくろ | 2013年6月25日 (火) 09時37分

海田山雄さん、こんにちは。

今回のは結構長文になりました(*^-^)

でも、実は最後まで書き終わってアップしようとした瞬間にエラーに
なって一度全部消えているのは内緒です(笑)。

海田さんも次期はSENAを予定されているんですね!よしよし(笑)

ホント、B+COMの長所は使っている人が多いというだけで、安定性や
耐久性、接続性など全く価格に見合っていないと思いますよ~。
私も買ってから1年半で2回交換、1回修理ですからね。。。

まぁSENAも長期間使ってみてどうかは未だ分かりませんが、少なく
とも接続性や安定性はB+COMよりマシっぽいです(* ̄ー ̄*)

3週間エンジンかけてないんですか~。まぁ梅雨ですからね~・・・。
でも、今週(明日)は何とか大丈夫っぽいんじゃないでしょうか(^^)b。


投稿: わらいぶくろ | 2013年6月25日 (火) 09時43分

 長文お疲れさまでした。

 私も(FMラジオが聞けるというしょうも無い理由で)セナを検討しています。
 多分会話はしないので、マイクはいらないかも・・・
 今使っている「聴くだけブルートゥース」は、出先で電池交換が出来るのが利点です。半日持つので交換する事はまれですが。
 セナは、どの位持つのかな?

 マスツーで会話できるのは楽しそうですね。

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2013年6月25日 (火) 10時28分

剣片喰さん、こんばんわ。

おっ!(^^)
ここにもSENA購入ご検討者さんがいらっしゃいました!(笑)

SMH5-FMですね。バッテリーの持ちは、仕様では通話時間7時間という事ですので、
私の持っているSMH10(12時間)の約6割ってところですね~。
SMH10は1日音楽を聴いていてもOKなくらいですが、半分強のバッテリー容量だと
丸1日はキツいかもしれません。。。

マスツーで会話アリと無しでは全然楽しさが違いますからね~。
無線機の場合、Bluetoothインカムと違って全員に聞こえるのがGoodです!(^^)

投稿: わらいぶくろ | 2013年6月25日 (火) 21時37分

SMH-10同士だと、最大4人まで同時会話ができます。SMH-5では一対一しかできないようです。
バッテリーは、休憩ごとにちゃんと電源を切れば大丈夫じゃないかと思います。
あとSENAは、充電しながら使えますので、いざとなったらモバイルバッテリーやシガーソケットで充電しながら使うこともできます。

投稿: boonrich | 2013年6月25日 (火) 22時30分

boonrichさん、こんにちは。
いつもレスが遅くなってしまいすいませんm(_ _)m。

情報ありがとうございます。SMH-5ってマルチで会話できないんです
ね~。ただ無線機を併用してしまえばあまり問題ではないかもしれ
ませんね。
ただ、その場合はSR10が必須になりますが…(^^;)。
(それならSMH10が余裕で買えてしまいますね…。)

投稿: わらいぶくろ | 2013年6月29日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひめさゆりミーティングに行きましたが… | トップページ | まさに徒然なるままの記事(笑) 明日は茨城ツーかぁ!? »