« 雨の中で | トップページ | 2012初霧降! »

2012年4月 8日 (日)

想像以上でした!

今日は地元の映画館でこんな映画?を観て来ました。

 Yamato2199_01

この「宇宙戦艦ヤマト2199」は、昭和49年にテレビ放送された初代「宇宙戦艦ヤマト」の設定やストーリーをほぼ踏襲し、最新のCG等を駆使して製作されている作品です。

劇場用に作られた映画ではなく、最終的にはテレビ放送されるそうですが、まずは完成した部分から先行劇場公開、そしてBlu-Ray&DVD販売というビジネスモデルで展開されます。

そして、その先行劇場公開の第1弾(第1話、第2話)が今日から公開になりました。

 Yamato2199_06

これが劇場で販売されていたカタログと、劇場でヤマト2199を観た人しか購入できないBlu-Rayです。

このBlu-Ray、一般向けの発売はずっと先の5月25日。そして、この劇場販売版には第1話の絵コンテが付いてくるという特典付き!(笑)

私はこういうのに弱いので、思わずゲットしてしまいました(^^;)。

公開時間はテレビの30分枠用に作られた2話分ですので、たった1時間弱でしたが、想像以上の出来栄えでした!

 Yamato2199_02

まず、当然ながら作画のクオリティは良いです。そして、キャラ設定もファーストヤマトのイメージを上手く残しつつ、まさに現代のアニメキャラ風にリメイクされています。

そして、「さらば宇宙戦艦ヤマト」以降の作品のキャラも最初から出てきてます。例えば土方竜や山南修(いずれも後のヤマト艦長)、など。

 Yamato2199_025

そして、メカ部分は全てCG。非常に綺麗ですし、安っぽい印象がありません。

そして、これまたファーストヤマトの設定のツボを上手く押さえているので、私のように子供の頃、ヤマトにハマった世代にはたまりません!

 Yamato2199_04_2

零式52型空間艦上戦闘機、通称コスモゼロと、99式空間戦闘攻撃機コスモファルコンです。(もしかしたらブラックタイガーと呼ばれるかも知れません。)

カッコイイでしょう!(笑)

 Yamato2199_035

メカの細かいディテールも非常に凝っていて、さらにセリフもファーストヤマトの脚本を随所に取り入れ、ファンには堪りません!(^^)さらにエヴァンゲリオンのように軍隊で使われる数字表現が用いられているので、ミリタリー感バリバリでリアルっぽいです(^^)。

 Yamato2199_045

ただ、CGですのでファーストヤマトのように艦首を極端にデフォルメしたような描画は基本的にありません。

アレはアレで雰囲気があったので、ちょっと残念かも。

 Yamato2199_03

それから、ファーストヤマトでは広々と描かれていた第1艦橋も、ご覧のとおりこじんまりしました。

もしも、ファーストヤマトの設定で実際に第1艦橋を作ったら、広さは8畳部屋くらいしかないという話もあるので、今回の設定でも広すぎるくらいかも知れません。

ただ、今回のヤマトはファーストヤマトより設定自体が大きく、全長は333mだそうです。(ファーストヤマトは、確か263m。)

あと、「波動砲」も通称となり、正式には「200サンチ次元波動爆縮放射機」という名称だそうです(^^)。

 Yamato2199_043

イスカンダルへの距離も、現代の科学考証に基づき変更されていて、片道16万8千光年となってファーストヤマトより2万光年ほど遠くなりました。往復では33万6千光年・・・。

う~ん、14万8千光年と29万6千光年という数字が頭にこびり付いているので、どうも違和感がありますね~。

 Yamato2199_047_2

それから、効果音は完全にファーストヤマトそのもの。そして音楽も編曲や演奏は異なりますが、殆どファーストヤマトのものが使用されています。担当は故宮川泰氏の息子さんである宮川彬良氏。親子二代にわたってヤマトを指揮する事になりました。

Yamato2199_05

オープニングの唄も、ささきいさお氏が熱唱!多少お歳は感じますが、やっぱヤマトはこうじゃなくちゃ!って感じです。2009年の「復活篇」ではアルフィーの妙に軽いオープニングでガッカリしましたが今回はバッチリです!

そして、オープニングのカット割りもファーストヤマトを意識した造りになっていて、新しいのに懐かしさを感じる素晴らしい出来栄えです。

公開されている劇場が全国で僅か10館と少ない上に、上映期間も2週間なので、ナカナカご覧頂くのは難しいかも知れませんが、もし機会があったら是非大画面で観てみてください。

もしご覧になりたい方がいらっしゃれば、私の家までお越し頂ければ無料でBlu-Rayを視聴可能です(爆)。

しかし、私もオタクですなぁ~(笑)。

|

« 雨の中で | トップページ | 2012初霧降! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは、期待できそうですね~♪
リメーク版って、元を超えるどころか、
とんでもないものが多いのですが、
ちょっと見てみたくなりました。
やっぱ、セリフは重要ですよね。
ポイントは押さえてほしいです!!

投稿: おくさん | 2012年4月 8日 (日) 17時09分

島大介や古代進がちょっとかわいくなってますね。
森雪がいかしたおねぃさんになってますね。

沖田艦長は以前よりもカッコイイですね。

見てみたくなりました。

投稿: koara | 2012年4月 8日 (日) 19時13分

おくさん、こんばんわ。
はい、多分期待は裏切らないと思います。

ただ、全体のテンポは現代の作品らしく小気味良いのですが、
設定が凝っているため30分で描かなくてはならない内容が多く、
ファーストヤマトから割愛されているエピソードも結構あった
のも確かです。

それでも、単体としての作品の完成度は高く、十分に楽しめる
と思いますので、レンタルが始まったら是非観てみて下さい。

投稿: わらいぶくろ | 2012年4月 9日 (月) 00時30分

koaraさん、こんばんわ。

そうですね、キャラは全体的に可愛い感じになってます。
徳川さんなんか、かなり可愛いお爺さんです(笑)。

森雪は今回のほうがイイかも!と私は思いました。
あと、土方がカッコイイ!(>_<)。

是非レンタル始まったら観てください!

ちなみに、今回アップした画像はスチル画ではなく、
全てオープニングからのキャプチャ画像です。
さすがBlu-Ray。クオリティ高いです!

投稿: わらいぶくろ | 2012年4月 9日 (月) 00時32分

こんばんは!
あ!見に行きたいけど・・・TVでやるんですね。
それ待ってもいいかな〜なんておもっちゃったりして・・・

ブラックタイガーはコスモゼロとは違う機体だったような・・・

投稿: わら | 2012年4月11日 (水) 21時03分

わらさん、こんばんわ~!
そうです!コスモゼロはブラックタイガーとは機体が違います(^^)。
なので、ブラックタイガーと呼ばれるとしたら、コスモゼロ2機の
後ろに見えるコスモ・ファルコンの部隊名という事になると思います。

って、マニアックなコメントだ(爆)

投稿: わらいぶくろ | 2012年4月11日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79269/54417289

この記事へのトラックバック一覧です: 想像以上でした!:

« 雨の中で | トップページ | 2012初霧降! »