« 新しい相棒探し(その2) | トップページ | 12月の霧降(無謀?!) »

2010年12月 1日 (水)

T-ZONE廃業…

パソコンの自作に興味の無い方には全然無縁の店ですが、秋葉原のPCパーツショップの老舗である「T-ZONE」が11/29を以って廃業となりました。

 Tzone_diy_2

このT-ZONEというお店は、1993年当時は「亜土電子工業」という会社が経営していて、今のTUKUMO eXのある場所に本店を構え(というか、本店しかなかった)、当時新興のDOS/Vマシンを販売していました。

 Tzone1993_0 1993年当時のT-ZONE本店

 Tsukumoex 現在のTSUKUMO eX

建物の形状に往時の面影があるように見えますが、一度全面的に改築されていますので、物理的には全く別の建築物です。ただし、土地の広さや営業効率を考慮すると似たような外観になるのでしょう。

私は1993年当時は東京水道橋にあったIT企業に勤めていて1日おきくらいに足繁く秋葉原に通っているPCオタクでしたが、それまで実質的にNECのPC98しか選択肢がなかったPCの世界に、世界標準のDOS/Vマシンが登場したのがちょうどその頃。もちろんWindows95などこの世にはありません。(当時のWindowsのバージョンはWindows3.1でした。)

そんな時、ふらりと立ち寄ったこのT-ZONE本店で、外国籍と思われる色黒の店員さんにDOS/Vの素晴らしさや長所について細かく説明して頂いた事がきっかけとなり、私の記念すべきDOS/Vマシン第1号をT-ZONEで購入する事になったのです。

そのDOS/Vマシンの名前は、今は亡き日本DECのDECpc466d2LP(だったと思います)。
CPUに当時最新最速のIntel i486DX2 66MHzを搭載し、メモリは4MB。MS-DOS Ver6.2/VとWindows3.1Jがプリインストールされた最強のマシンでした。高かったなぁ。。。(^^;)

このDECpcの購入を契機に、私は仕事的にもそれまでのオフコンからPCの世界へ大きく舵を切る事になり、2年後には栃木へUターンして今の会社に転職する事になるのです。

そんな経緯を思い起こす時、T-ZONEというお店は私の人生に大きな転機をもたらしたとも言え、今回廃業という記事を目にして月日の流れを感慨を持って感じると共に、一抹の寂しさを禁じ得ません。

資産はサードウェーブという「ドスパラ」という店舗を全国展開する企業が継承し、これまでと同じ場所で2011年以降「ドスパラ」の屋号で営業を継続するとの事ですが、できれば「T-ZONE」という名称を残して欲しいと思うのは私だけでは無いと思います。

秋葉原のPCパーツ店も再編が進み、今では1993年当時のままの経営母体&店舗名で営業を続けているお店は殆どなくなりました。これも時代ですね…。

|

« 新しい相棒探し(その2) | トップページ | 12月の霧降(無謀?!) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。当時TーZONE働いてました。たぶんその時の外人は今でも仲間です。
自分は2階に居ました。もしかしたらお会いしてるかもですね。

T-ZONE良かったです。 本当にありがとうございます。

投稿: | 2012年3月27日 (火) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79269/50184805

この記事へのトラックバック一覧です: T-ZONE廃業…:

« 新しい相棒探し(その2) | トップページ | 12月の霧降(無謀?!) »