« 大子、北茨城ツー(動画アップ) | トップページ | 大子、北茨城ツー(動画アップ2) »

2010年5月10日 (月)

購入!Nikon D5000

このたび、PENTAX K10DからNikon D5000へ乗り換えました!

 Cimg5478 Nikon D5000 

とは言っても、別にK10Dを手放した訳ではありません。

元々私はサブ機としてNikon D40Xのダブルズームキットを持っていたのですが、やはりK10Dに比べると画素数こそ同等の1020万画素なものの、機能的にも表現力的にも見劣りする事に加え、キット付属の広角レンズで手振れ補正が利かない(キット付属のレンズはVRではない…)ため、殆ど使用する機会が無いのが実情でした。

 Cimg5489 D5000 と K10D

しかし、PENTAX(K10D)で撮った写真は補正しても私としては好きな色合いにはならず(RAW現像は未体験です) 、D40Xのほうが好みだったので、古いコンデジや使用頻度の極端に低いレンズ、そしてD40X自体をまとめて下取りに入れD5000のレンズキットを購入しました。

D40Xはダブルズームキットでしたので、50-200mmVRレンズは売らずに手元に残し、結果的にD5000のダブルズームキットと同構成となりましたが、投資金額は2万円台で済みました(^^)v。

私は動画の撮れるカメラは所有していたものの、静止画カメラとしては画質的にも機能的にも見るべきところは無かったため最新のコンデジが欲しいと思っていたのですが、何を間違えたか、デジイチ新機種の購入となりました(笑)。

 Cimg5485 D5000 Kit + PLフィルター

このD5000は質感やファインダーの倍率を除けば、殆どD90と同等の性能を有しています。加えてD90には無いバリアングル液晶を備えていますので、コンデジ的な使い方も可能です。

 Cimg5487

撮影素子自体はD300Sとも同等の思われる総画素数13.1メガピクセルのCMOSセンサーを使用しており、表現力はD40XはもちろんK10Dをも凌駕する性能を持っています。
加えて、流行の顔認識機能やハイビジョン動画撮影機能まで備えた機種が実質2万円台で入手できた事になりますので、なかなか満足度は高い買い物でした。

多少エントリー機としては重量がありますが、それでもK10Dよりは軽量ですので、当分はD5000とK10Dの併用になりそうですが、最終的なメイン機はD5000になりそうな予感がします。

さて、久しぶりに写真が撮りたくなったぞ!(笑)

|

« 大子、北茨城ツー(動画アップ) | トップページ | 大子、北茨城ツー(動画アップ2) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79269/48327045

この記事へのトラックバック一覧です: 購入!Nikon D5000:

« 大子、北茨城ツー(動画アップ) | トップページ | 大子、北茨城ツー(動画アップ2) »