2017年6月 6日 (火)

2017サマーキャンプ in ならまた

こんにちは。

 
ここ数年、恒例になっています真夏のキャンプ(というかBBQ大会)ですが、
 
今年はちょっと趣向を変えて、「ツーリング+BBQ」でいきたいと思います!
 
 
開催日程は、平成29年7月29日(土)です。梅雨明け10日で一番暑い頃
 
ではないでしょうか。
 
そして、開催場所はココ!
 
 Naramata01
 
「オートキャンパーズエリアならまた ( http://www.norn.co.jp/camp/ )」 です!
 
地理的には、群馬県利根郡みなかみ町にある結構広いキャンプ場。
 
実は、去年の夏に行った事があるんですが、結構人が多かったので利用しなかった
 
んですよね~。 
 
詳細はWebサイト等でご確認頂ければと思いますが、野郎どもがツーリングがてら
 
集まってBBQをするにはちょうど良い距離感&場所じゃないかと思います。
 
 
そして、予約したのは
 
 Naramata03
 
この写真にある「トレーラーキャビンA」と「トレーラーキャビンB」の2棟。
 
一見大きそうですが、内部は
 
 Naramata04_2
 
こんな感じでかなり狭いため、大人の男が4~5人寝るのは厳しいだろうという事で、
 
とりあえず2棟予約しました。
 
まあ、1棟当たり3人までなら余裕で寝られると思いますので、今回の募集は6名
 
までという事になりますね。(1棟当たり4名がギリギリだと思います。)
 
ただ、1棟はご夫婦で貸し切りという事もOKです。
 
なお、申込人数が少ない場合(4名以下)の場合は1棟をキャンセルするつもりです。
 
現地集合でも構いませんが、折角ですのでどこかで待ち合わせをしてツーリング
 
がてら現地に向かったほうが楽しいと思います。
 
あと問題なのは天気ですが、今回も雨天決行ですので晴れる事を祈りましょう(^^)。
 
もし主旨に賛同頂いて参加希望の方は、こちらの記事のコメントもしくはメール、
 
facebookのメッセージ等で私(わらいぶくろ)までご連絡下さい。
 
なお、記事へのコメントで参加表明を頂く場合は、連絡先のメールアドレスの記入
 
をお願いします。(他の方には見えませんのでご安心を。)
 
 
ちなみに、宿泊の料金は1棟当たり14,500円(税込)+1人当たり1,000円+
 
バイク・車1台当たり500円で、それにバーベキュー用のコンロ2,000円を一式
 
レンタルするので、2棟だと38,000円程度(5人の場合)、1棟だと22,000円程度
 
(4人の場合)を人数で割る事になります。食材費は別途割り勘で。
 
それでは、皆さんの参加表明をお待ちしております!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

アフリカツインの驚速カスタマイズ

CRF1000Lアフリカツインの納車から約2ヵ月半が経ちましたが、未だ走行距離は800kmに達していません。月平均300kmくらい・・・(^^;)。
 
まぁ週末に野暮用があったり、天気が悪かったり、体調がすぐれなかったり、いろいろ理由はあるんですが、ベストシーズン&新車でこれだけ走行距離が伸びないのは「乗る気あるの~??」って感じですが、その反動でカスタマイズは過去最速のペースで進んでます。
 
これまでに施したカスタムは…
 
1.GIVI スペシャルラック(SR1144)
 Sr1144_2
 
2.GIVI モノキーベース(M7)
 

M7

3.GIVI スペシャルスクリーン(D1144ST)
 D1144dt
 
4.GIVI スペシフィックエンジンガード DCTモデル用(TN1151)
 
 Tn1151
 
5.GIVI スペシフィッククラッシュバー(TNH1144)
 
 Tnh1144
 
6.GIVI スペシフィックワイドサイドスタンドサポート(ES1144)
 
 Es1144
 
7.GIVI クラッシュバーバッグ(T513)
 
 T513
 
8.SW-Motech QUICK-LOCK EVOサイドキャリア(KFT.01.622.20001/B)
9.SW-Motech EVOキャリア用 GIVI&KAPPAサイドケースアダプター(KFT.00.152.205)
 
 Evo_carrier
 
10.SW-Motech QUICK-LOCK EVOタンクリング(TRT.00.64030400/B)
 
 Evo_tankring
 
11.SW-Motech BBSTORM ハンドガードキット(HPR.00.220.12700/B)
 
 Bbstorm
 
12.DRC ワイドフットペグ(D48-02-524) XR250用を転用
 
 Wide_foot_peg
 
13.自作 12Vシガーソケット(リアシート下のサービスコネクタから引き回し)
 
 12v_socket
 
あとは前車からの流用で、
 
14.RAMマウント U字ボルトベース(ARAM-B-231ZU)
15.RAMマウント ダブルソケットアームS(ARAM-201U-B)
16.RAMマウント ダイヤモンドベース アルミ(ARAM-B-238UP)
17.RAMマウント スマートフォン用汎用ホルダー(HOLPT-PDAHV)
 
 Rammounts
 
18.GIVI モノキートップケース(TRK52N)
 
 Trk52n
 
19.GIVI モノキーサイドパニア(TRK33N) x 2
 
 Trk33n
 
20.SW-Motech QUICK-LOCK EVO Micro electricタンクバッグ(TRE.00.110.20000)
 
 Tankbag
 
と、まぁこんな感じです。
 
これで当面のカスタマイズは終了ですが、追加する可能性としては、
 
21.HONDA純正センタースタンド
 
 Center_stand
 
22.HONDA純正グリップヒーター
 
 Grip_heater
 
23.Barkbusters VPSハンドガード+ウィンド・ディフレクター
 
 Vps
この辺でしょうか。
 
ただ、最近寒くなると走らないので、グリップヒーターは不要かも知れませんね。
 
それより、ここまでカスタマイズしたんだから、せっせと走らないと(笑)。
 
 Crf1000l
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

さらば!TRACER・・・そして5台目の相棒

大変ご無沙汰してます。
 
すでにfacebookでは公開済みですが、先日メインのバイクを乗り換えました。
 
 20170411_01
 
この写真は納車前のラストカットです。
 
MT-09 TRACERは、「これぞ私が求めていた全ての要求を満たすバイク!」のはずでした。
 
軽い車体、マルチエンジン、オンオフ系、洗練されたデザイン、国内モデル、安価なメンテナンス費・・・etc
 
しかし、どうしても足回りがしっくりこない。乗っていて楽しくない。という状態から抜けられませんでした。
 
購入初期に転倒事故を起こしてしまった事も馴染めなかった原因のひとつである事に間違いは無いと思いますが、それにしても、普通は2年も乗っていれば身体がバイクに馴染んでくるものですが、TRACERは最後まで「乗りにくい」感が拭えませんでした。
 
正確にはサスペンション云々という問題ではなく、TRACERのバイクとしての重量バランスが好みでなかったという言い方が正しいと思います。
 
ただ、こればかりは本当に「好み」というか「フィーリング」の問題なので、多分サスペンションをアップグレードしても根本的な解決にはならないだろうと思ってます。
 
走行距離は2年間で僅か8,600km。これは、これまで乗ってきた大型バイクの中で圧倒的な少なさでした。
 
という事で、5台目の相棒の購入となる訳ですが・・・
 
ただ、今回は急に思い立って即決!という感じでは無く、色々悩みました。
 
何故かって?
 
だって、TRACERに代わる欲しいバイクが見当たらなかったからです。
 
じゃあ、買い替えなくてもイイじゃん!って話なんですが、私的に今シーズンをTRACERで過ごすのはフラストレーションが大きいと思ったんですよね。
 
大型バイクは完全に趣味の乗り物です。なので、気分がイマイチの状態で乗り続けるのは時間がもったいないかな。と。。。
 
TRACERは試乗しなかった(できなかった)事が少なからず失敗の原因になっていると思ったので、今回は試乗できるバイクで考えようと思いました。
 
そして、候補の1台に挙がったのはコイツ。
 
 20170411_02
 
トライアンフのTiger800 XC(およびXR)です。
 
このバイク、実はTRACERを購入する際にも候補に挙がっていたんですが、その時はTRACERがバリバリのニューモデルで、且つYAMAHA国内モデルで安い!という理由であっさり候補から外れましたが、今回はちょっと本気で欲しいと思いました。
 
ただ、どこにも試乗車が無い!どころか、展示車も無い!!
 
そして高い!&外車!
 
外車というと、2台目の相棒だったコイツを思い出しますが、
 
 20170411_03
 Ducati Multistrada1200S Touring Edition
 
メカとしての精度や購入後のメンテナンス費用等も国産車よりは高額になってしまうのは必然。
 
という事で、泣く泣く候補外に。
 
そして、2台目の候補はコイツ。
 
 20170411_04
 KAWASAKI NINJA1000
 
NINJA1000は今シーズンビックマイナーチェンジを行い、さらに国内モデル化されたため、装備が充実した上に値下げされるという非常にお買い得感のあるバイクでした。
 
しかし、発売前だったため、当然試乗車も展示車も無し。
 
それじゃあ、いっそフィーリングを知り尽くしているコイツを・・・
 
20170411_05
 KAWASAKI VERSYS1000(2017)
 
なんて事もちょこっと考えましたが、さすがにVERSYS1000を売って買ったTRACERを売って、またVERSYS1000を買うというのもねぇ・・・。
 
 20170411_09
 懐かしのVERSYS1000
 
一時はこんなバイクも結構真面目に考えたんですヨ。
 
 20170411_06
 SUZUKI GSX-S1000F
 
実は、私の住む宇都宮にはスズキワールドというスズキ専門のバイクショップがあるので、これは実車が見れる&乗れるかなと。
 
 20170411_07
 スズキワールド宇都宮
 
スゴイでしょう~。4輪の販売店にありがちな看板ですが、そこにバンディットとスカイウェイブですからね~(^^)。
 
過去、大型バイクではHONDA、YAMAHA、KAWASAKIは乗りましたが、未だSUZUKIは乗っていなかったので、4メーカー制覇もイイかな~。とかも考えました。
 
しかし、GSX-S1000Fには致命傷が・・・。
 
パニアが付かない。。。トップケースを付けるとダサい。。。
 
社外品を含め色々調べたんですが、本当にパニアは付かなさそう。
 
これはトップケース必須派の私としては完全にアウトでした。
 
そんな中、最初の大型バイクであるCB1300 SUPER BOL D'ORを購入した店に、CRF1000Lアフリカツインの試乗車がある事が判明。
 
 20170411_08
 またまた懐かしのCB1300 SUPER BOL D'OR
 
CRF1000Lアフリカツインは以前から(デザインが)好きなバイクでしたが、如何せんマルチエンジンじゃないし・・・。シートも高いし・・・。
 
という事で、そんなに興味は無かったのですが、試乗してみてビックリ!!
 
まず、足つき性がTRACERよりイイ!
そして、サスペンションがしなやか~~!乗り心地抜群!
そしてそして、コーナーリングが以外に?スムーズ&素直。
 
さらに、DCTが楽チン!
 
トドメに、ツインエンジンが超気持ちイイ!
と、予想外の好感触。
 
その結果、自分でも驚いたのですが、「マルチエンジンで軽量じゃなくちゃヤダ」という掟を覆し、大穴のCRF1000Lアフリカツインを5台目の相棒にする事に決定!
 
ただ、名義や諸費用、オイルリザーブ等の関係で、TRACERと同じ量販店からの購入となりました。
 
発注したのは3月4日(土)。そして、3月19日(日)に納車。約2週間しかかからず、超早かったです(^^)。
 
 20170411_10
 
TRACERと並べると、その大きさが際立ちます。
 
このCRF1000Lアフリカツインは熊本県で作られているのですが、昨年の発売直後に熊本地震で工場が被災し、バックオーダーをさばくのに昨年暮れまでかかったという話を聞いていたので、これほど早い納車には正直驚きました。
 
 20170411_11
 
色はご覧のとおり、パールホワイトというより、トリコロールカラーと言ったほうがしっくりきますね(^^)。
 
実は私はこのトリコロールカラーにずっと憧れを持っていて、いつかはこのカラーのバイクに乗りたいと思っていたのですが、ようやくその希望が叶いました。
 
私のアフリカツインは2月にマイナーチェンジした2017年モデルなので、初期型より僅かにパワー&トルクがアップしています。
 
ただ、その他は外見を含め全く変化が無いので2017年モデルと見抜く事は不可能でしょう。
 Crf1000l_01
 
納車後、すぐにリアキャリア&トップケースを取り付けました。
 
このトップケース(GIVI TRK52N)はVERSYS1000時代から使っているもので、これで足かけ3台目になります。
 
アフリカツインはHONDAも本格的ビックオフローダーと謳っていますので、多少傷があってもかえって「それっぽく」てイイと思います。
 
そして、素の状態でもかなりの重量(242kg)があるので、エンジンガードのような重量物はできるだけ装着しないつもりです。
 
ただ、センタースタンドだけはあったほうがいいかな~。
 
 Crf1000l_02
 
4月に入って週末の天気が悪く、まだ300km程度しか走れていません。
 
DCTも独特の世界で未だ慣れていませんが、非常に乗り易く、乗っていて安心感が高いバイクです。
 
マルチエンジンでギュンギュン回して乗るのは好きですが、歳を取ったせいか、ツインエンジンでトコトコ(アフリカツインはドコドコって感じですが)走るのも楽しく感じ始めてます。
 
大径のスポークホイールやチューブタイヤなど、今までの大型とはかなり性格や雰囲気が違うバイクですが、今度こそ末永い相棒となる事を願ってます!
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます!

2017hny

2017年、あけましておめでとうございます!

昨年はあまり走る事ができず、「コレッ!」というバイクの写真がありませんでした・・・(^^;)。

今年は気持ちよくたくさん走りたいと思っています。

宜しくお願いします!(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

冬ごもり

いきなり雪が降って、一気に冬が来ました。

 
寒かったけど、近場をぶらり。
 

20161126_144135

思ったよりも温度が高めだったので、久しぶりにこんなところにも。
 

20161126_152329

そして、家に帰ってシートを外し・・・
 

20161126_155001

バッテリーを外してTRACERは冬眠に入りました。
 

20161126_155317

11月中に冬眠に入るのは、大型に乗り始めて初めて。
 
今年はマジ寒いです。
 
春までおやすみ(^^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

や~っと8,000kmに到達!

久しぶりに天気が良かったので、近場をぶらり。

 20161002_154228

気温は高めですが、風はすっかり秋。

 20161002_163434

日が暮れるのも、すっかり早くなりました。

そして、オドメーターはやっと8,000kmに到達。

 20161002_170335

Tracerを購入して早1年8ヶ月目。

単純計算で、1ヶ月当たり400kmちょっとしか走っていない事になります。

大型に乗るようになって、これほどバイクに乗らないのは初めてです。今までは最低でも平均で月800kmくらいは乗っていましたからね。

まぁ、今年は天候も不順でしたし、乗りたい時にはそこそこ乗ってるんで、特に気にしませんが(^^)b。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

【ご連絡】7月23日(土)のBBQキャンプの集合時間・場所について

こんばんわ。わらいぶくろです。
 
いよいよ、毎年恒例のBBQキャンプが今週末に迫りました。
 
天気はイマイチ微妙ですが、何とか大丈夫じゃないかと思います。
 
もちろん雨天決行です!コテージですからね(^^)b。
 
で、集合場所&時間は以下のとおりになります。
 
(参加表明を頂いている方には個別にご連絡させて頂いていますが、
 
 念のためブログ上でもお知らせしておきます。)
 
※飛び入り参加も歓迎ですが、先着3名様までになります(笑)。
 
・集合時間:午後2時
 
・集合場所:道の駅 友愛の森 バイク専用駐車場付近
     ( https://goo.gl/maps/euE3GN2J5dv )
 
※バイク専用駐車場はメインの入口から向かって右のほうです。
 
※集合した後、付近のスーパー等で買い出しをしてからチェックイン
 
 する予定です。ちなみに、チェックインは午後3時からになります。
 
それから、道の駅ではなく、現地(コテージ)での合流予定の方は、
 
その旨を私までご連絡ください。
 
また、駐車場の都合があるので、雨天の場合の交通手段(クルマor
 
バイク)を教えて下さい。
 
あと、食材は当日買い出しに行きますが、メインの肉だけは私が
 
買い込んでいこうと思ってます。
 
そこで、どのくらい肉が食いたいかについても教えて下さい。
 
(例:2~300gくらいなど)
 
 
最後に、当日何かあれば、私の携帯までご連絡下さい。
 
では、宜しくお願いしま~す!今年も楽しみましょう!(^o^)/
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

【妄想】 夢のバイク

最近、ブログを書こうという意欲が出てきた(笑)。今日で3日連続投稿。

 
おぉっ!何年ぶりか!(笑)
 
これが最近飲み始めたセサミンの威力なのか!
 
 
閑話休題・・・
 
HONDA CBX400Custom・・・
 
 
YAMAHA XJ400Special・・・
 
 
SUZUKI GSX550L・・・
 
 
KAWASAKI Z400LTDⅡ・・・
 
 
さて、これらのバイクはどんなカテゴリーか?
 
CBXにXJ、GSXにZとくれば、並列4気筒ネイキッドのロードモデル辺りを
 
真っ先に思い浮かべるのでは?
 
しかし、これらのバイクはみんな80年代の「和製アメリカン」。
 
80年代のバイクで、名前の最後に「Custom」や「Special」、「L」、「LTD」
 
が付くのはアメリカンの証し。
 
 
で、実車を見てみると。。。
 
CBX400Custom
 
 Cbx400custom
 
XJ400Special
 
 Xj400sp
 
GSX550L
 
 Gsx550l
 
Z400LTDⅡ
 
 Z400ltd2
 
ほ~ら。ご覧のとおり、全部並列4気筒のアメリカンバイクなのだ!
 
 
今も様々なメーカーからアメリカン(って呼ばないけど…クルーザー?)モデル
 
はたくさんリリースされてる。
 
 
例えば・・・
 
HONDA Shadow
 

 Shadow

 
YAMAHA BOLT
 
 Bolt
 
SUZUKI BOULEVARD
 
 Boulevard
 
KAWASAKI VULCAN
 
 Vulcan
 
などなど。。
 
でも、どれもエンジンは2気筒。それも殆どが判を押したように挟角V型2気筒。
 
目指せハーレーなんだろうけど、何故アメリカンには並列4気筒が無い??
 
 
ちなみに、私は無類のマルチエンジン好き
 
そして、いい加減オヤジ(笑)。
 
これから先、MT-09 TRACERに代表されるような、所謂アドベンチャー系
 
のバイクを乗り続けるのは肉体的にかなり辛くなりそう。
 
そうした時、きっと欲しくなるのがアメリカン
 
年寄りは、シート高が低いバイクにゆったり乗りたいのじゃよ(^^)。 
 
でも、エンジンは絶対マルチじゃなくちゃイヤ(>_<)。
 
現在、そんな欲求を満たしてくれるのは、精々YAMAHAのVMAXか、HONDAの
 
F6Cくらい。でも、デカいし重くて、とてもオヤジには扱えそうにない。
 
おっと、その前にそもそも値段が高過ぎて手が出ない(汗)。。。
 
 
ねぇねぇ~。
 
YAMAHAさん、BOLTにMT-09のエンジン積んでくれませんかね~。
 
その昔、ジェネシスエンジン搭載のFZX750とか作ってたじゃないですか!
 
 Fzx750
 
KAWASAKIさん、VULCANにZ800かZ1000のエンジン積みませんか?
 
往年のELIMINATOR750みたいな感じで。直線番長でいいんで(笑)。
 
 Eliminator750
 
 
あ~ぁ、並列4気筒(3気筒でもいいけど)の和製アメリカン、誰か復活させてくれ~。
 
これから高齢ライダー社会、結構需要あると思うんだけどなぁ~。。。
 
 
などと、とりとめの無い妄想の世界を彷徨うオヤジであった(笑)。
おっと、HONDAのX4を忘れていたぜ!(笑)
 
X4
 
 
おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

今さらながら・・・ MT-09 TRACERにソニーHDR-AS100Vを付けてみた

青ボル~Versys時代は結構バイクにビデオカメラを付けて走行動画を撮ってたけど、

MT-09 TRACERの購入当初、手持ちのソニーHDR-AS100Vを付けて試し撮りしたら、

ちょうどTRACERとAS100Vの固有振動数がマッチしちゃったらしく、ゆらゆら揺れて
 
見られたもんじゃなかったので、それ以来、TRACERにAS100Vを付けるのは見合わせに。
 
 
ただ、一昨日、久しぶりにRAMマウントを後ろ向きにしっかりラバーマウントしてみたんで、
 
 Tracer_as100v_1
 
「これならイケるんじゃね?!」
 
って事で、この状態で改めて試し撮りしてみた。
 
 Tracer_as100v_2
 
ただ、取り付け位置がイマイチで、画角に思いっ切りリアキャリアが映り込んでしまう
 
のは仕方無しという事で。。。
 
短いビデオだけど、音が結構大きいのでご注意してくだされ。
 
 
 
おっ! イイ感じじゃないっすか。殆どブレもゆらゆらも無し。
 
やっぱり、しっかりラバーを挟んで固定したのが功を奏したようで、これなら実用に
 
耐えそう(^^)。
 
後ろに取り付けたほうが、仲間を前から撮れるし、ナンバーとかモザイク加工しなくて
 
済むんで楽なんだよね~。
 
AS100Vはリモコンがあるから、録画スタート/ストップも自由にできるんで便利便利!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

MT-09 Tracerのサスペンション調整

MT-09 Tracerは良いバイクだけど、どうも走りがしっくりこない。。。。

具体的には、ぐにゃぐにゃしていてコーナーリング中にビシッと決まらず、直線でも
 
路面がうねっていると妙なピッチングが出てしまい、それがなかなか収まらない。。。
 
Tracerのサスは前後ともKYB製(多分)で、前車であるKawasaki Versys1000と同じ
 
メーカーだけど、Versys1000はもっと乗りやすかったなぁ~と。。。。
 
実は、先日の道志キャンプの帰り道の途中で、Versys1000時代にリアのプリロード
 
を調整したら凄く乗り易くなったのを思い出し・・・
 
 Versys_preload
 
Tracerのリアサスペンションのプリロードをいじってみたら、あらまっ!乗り味が劇的に
 
改善!!
 
そこで、今まで購入したままのセッティングで乗ってきたフロントやリアのダンピング
 
をいろいろ調整してみる事に。
 
 Tracer_front
 
Tracerはフロントのプリロード&伸び側ダンピング、リアのプリロードと伸び側ダンピング
 
の調整ができます。
 
まず、フロントの現状を確認すると・・・
 
何と、プリロードは7段の1段目(=最弱)。ダンピングも11段の4段目とかなりソフト。
 
こ、これは。。。
 
 Tracer_rear1
 
続いて、リアも確認してみると、プリロードは7段のうち4段目(=標準)。
 
 Tracer_rear2
 
ダンピングも3回転のちょうど真ん中(=標準)。
 
あれっ??
 
リアって、道志ツーの帰りに3段くらい締め上げたはずだけど。。。。
 
その状態が標準って事は。。。
 
もしかして、納車以来、ず~っとフロントもリアも最弱プリロードで走ってたって事??
 
それじゃぁ、足がぐにゃぐにゃしてて当たり前だ~。
 
ただでさえ最弱のセッティングに加えて重量級のライダーが乗ってるんだもんね。。。
 
 
という事で、プリロードはとりあえず前後ともメーカー標準値に。ダンピングは標準値
 
から2割程度ハードな設定にセット。
 
走ってみると、かなり「しっかり感」が出て、妙なピッチングも殆ど解消。プリロードを
 
固めたから、さぞ乗り心地は悪くなるだろうと思ったら、以外と大丈夫。さすが標準
 
設定!(笑)
 
なかなかイケそうな感じなんで、暫くこの設定で様子を見る事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«いよいよ来週!2016サマーキャンプ in 那須